NQA−0096A


 千葉海運産業産業株式会社は千葉港並びに木更津港における外航船舶の代理店サービスについて、品質保証の国際規格である「ISO9001:2008」の認証を取得しています。


 平成9年2月、当社はISO9002の認証取得を経営戦略上の重要課題として取り上げ、平成9年2月よりISO実行委員会を設置し作業を進めて参りました。日常業務の基本となる品質マニュアル、手順書及び作業要領を作成し、日本海事検定キューエイ(株)の書類審査と予備審査を経て平成10年2月の本審査に合格。ISO9002:1994の認証を取得しました。
 その後、ISOにて規格の変更が行われ、平成16年2月には ISO 9001:2000の認証を取得。平成21年12月には ISO 9001:2008の承認を取得しています。
 なお、登録機関である(財)日本適合性認定協会「JAB」と、オランダ認定評議会「RvA」にも当社の品質システムは登録されています。


 <当社の品質方針>
 千葉海運産業株式会社は、当社の外航船舶における代理店サービスの品質向上を図るため、下記五項目に取り組む。
 1.慢心、マンネリを排除し、日々の業務を「安全」「確実」「迅速」に遂行する。
 2.お客様から「選ばれる立場」にあることを自覚し、誠実な対応を心掛ける。
 3.お客様の要求事項を満たすとともに、法令・規制・社会規範を遵守する。
 4.提供するサービス及び品質マネジメントシステムの継続的な改善に努める。
 5.各グループは、品質方針と整合する品質目標を設定し、定期的に達成度を検証する。